SN様開始です。
お客様の打ち合わせをして、使うエンジン、使うボディ、をストックの中から決めていきます。
いつも思いますがその時に1番良い状態のミニを作りたいです。
このミニですが5〜6年前にショップさんから譲って頂きました、置き場所があるうちは集めていってます。。。もったいないですからね。
しかしこのボディは使えないです。
床もないしフロントマスクもスカスカです。
エンジンに配線等機関廻りはこのミニの物を使用する予定です。このミニもまた次の方に受け継がれていきます。
   エンジンを降ろしてヘッドとブロック、ミッションに分割します。
ばらしながら現状を確認します。
1度ばらした跡があります
?っと思う部分もありますが使える部品使えない部品を分けていきます。
   ミッションの分解です、
交換する部品するを注文します
カウンターギアの軸方向の隙間が大きかったので
数種類のシムを注文です。
   3rdモーションベアリングのベアリングを保持するプラスチックが割れてますね
交換です、この辺の部品はOH時は交換必須部品です
   2速のギアはスリーブがはまり込む部分が1か所欠けていたのでギア新品交換です。
ギア等もそうですが
部品全般的に普段が上がっていますが、
前日お昼に発注すれば翌日には入庫するという事の方に感謝ですかね。
   メイン系のギアを組み込んで
   カウンターギアの隙間の調整をシムで行っていきます。
   デフのOHですが、他の部分の減り方からみるとデフのOH過去に1度はしているようですね
ブッシュ2枚
メタルブッシュ2枚
デフピン
の交換をしました。
   ヘッドのOHです。
バルブの沈みもなく問題なく
ヘッド修正面研
バルブシール交換
   ヘッドの組み付けです
青いテープの下はオイルラインで
ゴミ異物が入らないようにの処置です
   1000分の1mm測れるダイヤルゲージを用意して
70.61oにアンビルを調整します。
   シリンダーの測定です
ピストンも減っていてシリンダーはどうかなと思ってましたが、やはり0.01大きくなっていて縦の傷も深く
このまま組むことはできません
オーバーサイズピストンを入れるか
スリーブを入れてノーマルピストンを組み込むかのどちらかですね。
先日お話しして
今回は+20のピストンを組む予定です。
   オイルラインも抜いて中の清掃です
オイルカスのよう物もあってしっかり洗い流します。一通りきれいにしてから、内燃機屋さんに送ります。
   ロッカーアームもバルブが当たるい部分の摩耗すごくて、うちのロッカーアームシャフト共に状態の良いストックの物と交換です。
   
  オメガの+20のディッシュピストンです。
ピストンも内燃機屋さんに送ってコンロッドの組み換えもお願いします。
   帰ってきました。
画像で確認できるかわかりませんが、
ボーリングと共にホーニング加工が施してあります。
ホーニング加工とは、特徴として、真円度、円筒度、表面粗さの高い仕上げが行えます。また、ホーニングを行うと加工面には細かな網状の筋(クロスハッチ)ができ、金属が上下運動する際の潤滑油を保つため、特に自動車のエンジンシリンダー内面の仕上げ加工に広く使用されています。」
という感じです。
   ボーリングしてあるブロックに新品のピストン。。。組み心地が良いですね。
動きも一切気になるところもなく、完成が楽しみです。
今回はボーリングを出すにあたって、3つあるカムメタルも全部交換しました。傷も少なかったんですけどね、内燃機屋さんの営業トークでのせられました、勿論良い事なのでというのもあります。
   ヘッドボルトも数本交換して
ヘッドガスケットのヘッドボルトの穴も微調整です
2番3番の気筒間細くなってる部分のセンターを出すためです。
   オイルポンプも今1番信頼をおいている
ドゥトレーディングさんのオイルポンンプ「レッドポイント」です。そして紙ガスケットです。
   プライマリーギアの軸方向の隙間の調整を測定してスラストワッシャーで調整します。
   カムはKENTのMD266ですね
組みあがりました。
  スターター、ACG共にオーバーホールも出来ました。
   ボディをばらします
今回は中外全て塗るし、
ところどころ錆が出ているので
錆部分を中心にブラスト処理、ボディ全体に亜鉛処理、ガードセプターの順にして。。。

   
   
   いつものペインターの方に下塗りまで出来たよと連絡があって見に行ってきました。
年明けには出来るようなので
年明け引き取りからに組み付けになります。板金塗装の技術の進歩もすごいですね
どんどん新しい手法が。。。
頼もしいですね。